令和3年度三重県弓道連盟事業重点項目

令和3年4月1日

令和3年度三重県弓道連盟事業 重点項目

重点実施項目

1.安全第一
 〇安全は、全てに優先する。
  (1) コロナウイルス対策の完全施行
  (2) 熱中症対策・寒冷対策等の周知・実施
  (3) 弓道事故を起こさない安全意識の啓蒙

2.三重国体開催
 〇名張市実行委員会との綿密な調整を図り、安全・安心な大会を運営する。
  (1) コロナウイルス対策を考慮した設備の構築、大会運営
  (2) 仮設設備・備品等の詳細検討・確保
  (3) 大会役員の確定、運営リハーサルの複数回実施

 〇総合上位入賞を目指す。
  (1) 全種別での選手強化
  (2) 選手の日常練習の環境整備
  (3) 実戦形式による遠征合宿・強化練習の実施

3.活動の活性化
 〇各専門部事業計画の柔軟な実施を図る。

 〇全弓連・東海連合会事業への積極的な参加を推奨する。
  目標 優秀地連得点順位10位以内

 〇会員拡大に向け若年層の対応策を検討する。
  (1) 青年部活動強化策の検討
  (2) 高体連弓道部顧問とのコミュニケーションの醸成
  (3) ジュニア・高校生の育成指導法・体制の検討

4.法令遵守(コンプライアンス)
 〇ドーピング・ハラスメント等の発生を防止する。
  (1) 競技会・講習会等での周知・徹底
  (2) 懲戒規程の遵守
  (3) 通報・相談窓口の設置