会長あいさつ

令和3年4月1日

令和3年度 初めにあたって

三重県弓道連盟
会長 伊藤 徹

 

 会員の皆様には、昨年度も三重県弓道連盟の事業運営について、ご協力をいただきましたこと、ここにお礼申し上げます。

 

 
 昨年度は、新型コロナウイルス対応で、県内大会はもとより東海・全国規模の多くの事業が中止となり、連盟としての活動は停滞しました。特に国体リハーサル大会としての全日本勤労者弓道選手権大会が中止になったことは残念なことでした。
そして、本年度もコロナウイルスは依然として予断を許さない不透明な状況ですが、行政の指導のもと出来る限りの対策を行い、連盟事業は柔軟な対応により推進していく所存です。何卒、会員各位のご理解とご協力をお願いいたします。

 さて、本年度は、いよいよ三重国体を名張市で開催運営することになります。運営に当たっては、名張市実行委員会と綿密な調整を行いながらコロナウイルス対策を万全とした安全安心な大会としなければなりません。また、三重国体におけるコロナ対応の運営は、今後開催される大会運営の新たなスタンダードになるのではと思っています。このためにも三重県弓道連盟の企画・運営力が試されるところであり、大会の成功に向けての全面的なご協力をお願いする次第です。
 そして、青年層の会員増加・弓道経験者の発掘・弓道部卒業生の弓道継続対策など依然として懸案事項も残っています。

 さらに、情報発信ツールとして、一昨年度にホームページをリニューアルしましたが、まだまだ情報発信力の不足や浸透してない面が見受けられますので、多くの会員の皆様に利用していただけるように検討していきます。多くの情報を提供していただき、連盟の一体感を醸成し、「見たい利用したいホームページ」となるよう期待しています。

 最後に、令和3年度三重県弓道連盟事業重点項目を別紙としました。ご理解いただき、会員の皆様のご健康と弓道の発展を祈念して年度初めの挨拶とします。